ブルーベリーが目によいと言われるワケ

「ブルーベリーを食べると目にいい」という話は、聞いたことがある方は多いでしょう。しかし、どのように良いのか知っている人は少ないかもしれません。ブルーベリーに含まれる成分が目に働きかけるメカニズムについてお伝えします。

眼精疲労、視力低下に効果あり

ブルーベリーの何が目によい効果をもたらすのでしょうか。大きな役割を果たしているのが、ブルーベリーの青い色素である「アントシアニン」です。目の疲れをやわらげ、視力低下を防ぐ効果があるとされています。こんなエピソードもあります。第二次世界大戦中、イギリス空軍のパイロットがブルーベリーが大好きで、毎日、パンにブルーベリージャムをたっぷりつけて食べていました。このパイロットが「薄明りの中でも視界がはっきりしている」と発言したことをきっかけに、イタリアやフランスなどで研究が始まったようです。

「物が見える」のに必要な物質を作りだす

目から光とともに入った情報は、網膜の中で電気信号に変えられ視神経を通じて脳に伝達されます。そして「物が見える」ということになります。この時に重要な役割を果たしているのがタンパク質の「ロドプシン」です。このロドプシンの働きが低下してくると、物が見えにくくなったり、視界が曇ったりと様々なトラブルが発生します。ロドプシンは仕事が終わると一旦、分解されますが、再合成をサポートしてくれるのが、ブルーベリーに含まれている「アントシアニン」なのです。世界の一部の国ではブルーベリーは医薬品として認められているほどです。日本においてはまだ、研究中の段階にあり、アントシアニンは医薬品ではなく、健康食品として販売されています。

紫外線から守り、血行促進作用も

「アントシアニン」は、その黒っぽい色からもイメージがわきますが、紫外線などの光によるダメージから植物自身を守るという働きがあります。そのため、アントシアニンを摂取することで、紫外線のダメージを受けやすい目を守る効果が期待できます。

また、「アントシアニン」には血行促進作用もあります。疲れた目に栄養を運ぶ役目も果たしてくれます。ただ、「アントシアニン」は熱に弱いので、サプリメントでの摂取するか、ブルーベリーにヨーグルトをかけてそのまま食べたり、豆乳などといっしょにミキサーにかけてドリンクとして取り込むのが効果的です。体内に蓄積されにくいので、毎日少しずつ摂る必要があります。

©MAINICHI ADVERTISING INC.