目にいい食べ物はブルーベリーだけじゃない

“目によいといえばブルーベリー”と、ブルーベリーがあまりにも有名なため、ブルーベリーさえ食べていれば目の健康に関しては安心と勘違いするほどですが、安心してはいけません。体の健康のためにはいろいろな栄養素をバランスよくと言われるのと同じで目の健康に関しても、どの栄養素も欠かせないものです。今回は、その中でも、特に注目しておきたい栄養素についてご紹介します。

ビタミンAとB群  例えば鰻、例えば豚肉

目の痛みなどの症状を伴う眼精疲労や、最近多いドライアイは、スマホやパソコンなどのディスプレイを長時間見続け、目を酷使することで起こりやすくなります。目の周辺の筋肉をやわらげてピント調節機能を回復する栄養素や、涙の生成に働きかける栄養素を積極的に取ることが大切になってきますが、ビタミンが重要な役割を果たします。その中でも、特に目によいとされるのがビタミンAとビタミンB群です。

ビタミンAは、夜間、見えにくい中での視力を維持します。また、涙の成分の1つである水層という膜の中に含まれていて、粘膜の形成や修復に必要です。また、ビタミンAが豊富な食べ物は、実は鰻です。夏バテ対策のイメージで疲労回復の観点からビタミンBが多いイメージですが、突出して多いのはビタミンAの方です。そのほか、鶏・豚・牛肉などのレバーやあんこうの肝などにも多く含まれています。

ビタミンB群の中でも、ビタミンB1は目の周辺の筋肉の疲れを和らげる、ビタミンB2は目の粘膜を正常化する、ビタミンB6は水晶体の代謝と免疫機能を高める、ビタミンB12は視神経の機能を正常にする役割があります。ビタミンB群全体がお互いに作用して働きを高めていますので、どれか1つを食べていたら大丈夫というものはありません。ビタミンBが豊富な食べ物は、B1が豚肉、玄米、うなぎなど、B2が卵、納豆、牛乳など、B6がまぐろ、鶏肉など、B12がレバー、にしん、牡蠣などです。

ミネラル

ミネラルも目には特に重要とされています。ミネラルはそもそも微量栄養素なので、大量に取る必要はなく栄養バランスのよい食事をしていれば自然と取れます。また、ミネラルの中でも、特に亜鉛は視神経の伝達をサポートする栄養素です。不足すると視機能の低下の原因となります。粘膜の健康維持もサポートします。亜鉛は、牡蠣、豚レバー、ほや貝、牛肉(肩、ひれ)、たまごなどに含まれています。

©MAINICHI ADVERTISING INC.