目に優しい照明術

「目が悪くなるから電気を点けなさい」。「暗い中で本を読まないで」。
こんなことを母親に言われて育った記憶を多くの人が持っているかもしれない。照明器具は目に様々な影響を与えているのです。

「1室1灯」から「1室複数灯」の時代へ

かつての日本の住宅に多かった照明の配置の考え方は「1室1灯」というもので、天井の中央に下げた照明器具1台で部屋中を照らす方法が主流でした。最近の新しい住宅では、「1室複数灯」という、ひと部屋を多くの照明器具で照らす方法が取られています。例えば、天井の中央に大きなものを1~2個。その周りに埋め込み式の小さな照明を分散させて配置。天井以外にも明かりを分散して配置する場合もあります。
この方法のよいところは、昼や夜、曇りや雨といった時間帯や天候などに応じて、部分的に点灯・消灯することができるので、明るすぎず、暗すぎず、その時に適した明るさを確保することができる点です。どんな時でも、目に負担のない明るさを保つことができるのです。

テーブルの上は他の場所より明るく

照らし方の3原則を知っておくと、自宅の照明の配置は果たして目にやさしいのかどうかチェックすることができます。一つ目は、食卓やリビングテーブルなどの作業する場所を他の空間より明るくする“明かりだまり”を作ること。二つ目は、埋め込み式の小さな照明などで、視線が向きやすい壁を照らすこと。壁に光が当たると広く見えて、癒し効果が得られます。三つ目は、視線より低い位置に照明を置くこと。こうすることで、たき火を見るような安らぎが生まれます。

「明るければ明るいほどいい」は間違い 夜は刺激を少なくして

日本の照明の考え方は“明るさ至上主義”が長く続いたので、「照明は明るければ明るいほどいい」という考え方を持っている人が多いですが、これは間違いです。強い光で照らしていると、脳内で神経伝達物質のセロトニンが増えて目が覚めてしまいます。夜間ほど強い光をやめて、刺激の少ないやさしい明かりを使った方がよいと指摘する専門家もいます。

また、どの種類の明かりを選ぶのかも重要です。省エネという観点から人気の高いLEDですが、光が鋭いので使う場所によってはまぶしすぎるという場合があります。一番注意したいのは、LED、蛍光灯、白熱灯は見てもわかるように、色温度が違う照明ですが、一部屋で複数の色温度を使うと、目にはストレスになります。白熱灯は自然光の色味に近い演出ができるなど、それぞれの照明にメリットデメリットがありますので、何を優先したいのかを考えて照明を選ぶ必要があります。

©MAINICHI ADVERTISING INC.